Lたん、お誕生日おめでとう~!!

 実をいうと、↓の記事は倉庫ブログのほうにのみアップしようと思って、おとつい書いたものです  でもエステルさんから有難いコメントをいただいたので、こちらにも一緒に載せようと思いました♪(^^)  以下はコメ☆くださった、エステルさんと星さんへのお返事です    ☆エステル…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

探偵L~人狼伝説殺人事件~(20)

 さて、じんろー☆も今回が最終回となります♪(^^)  前の記事でも書いたとおり、ブログは引っ越す予定なので、こちらでの更新はこれから一切なくなりますww  どこに引っ越そうかな……なんて思ってブログを比較するサイトさんなどを覗いてみたんですけど、結局同じウェブリにもうひとつブログを持つことになりそう…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

探偵L~人狼伝説殺人事件~(19)

 じんろー☆の連載が終わったら、少しブログを休止しようかな~なんて思ってたんですけど……そんなこと言いつつまたぼやぼや☆更新したりするのだらう――とか思ってたら!!!  なんかちょっとブログのトップページにエラーが出るんですよね  そんなわけで、近いうちにブログを引っ越しする予定でいます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵L~人狼伝説殺人事件~(18)<後篇>

 さて、後篇はまた『赤毛のアン』の作者モンゴメリのことについて書きたいと思います♪  今回は、モンゴメリの書いた作品の中でも、お薦めな一冊を紹介しようかなと思ったり(^^) 『赤毛のアン』と『大草原の小さな家』シリーズの両方が好きっていう方は結構多いと思うんですけど――今回紹介するモンゴメリの作品『青い城』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵L~人狼伝説殺人事件~(18)<中篇>

 さて、それでは前篇でも書いたとおり、中篇の前文はブリーチ☆のことにしたいと思いますww  いえ、つくづく自分って出会い方的に運が良かったんだな~なんて思ったりしたので……わたしの場合、ウルたんのことを好きになったその時点で、すでにジャ○プ本誌では41巻より先に話が進んでいたんですよ  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵L~人狼伝説殺人事件~(18)<前篇>

 ウェブリって20000文字以上入らないので、今回の(18)は前・中・後篇の三つに分けることにしました  それで、それぞれの前文に何を書こうかな~なんて思ったり。。。  いえ、べつに何も書かなくてもいいんですけど、なんとなく(笑)  とりあえず、前篇にはLたんとウルたんの対談(?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵L~人狼伝説殺人事件~(17)

 そういえば、今月の10/31はLたんの誕生日でしたね~♪(^^)  L×ハロウィン☆って、なんてぴったりな……っていうLファンの方が多い一方で、ウルキオラもまた多くのサイト様でハロウィンと関連づけて考えられてますww  思うんですけど、いっそのことウルキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵L~人狼伝説殺人事件~(16)

『虹の谷のアン』、大体のところ読み終わりました♪  いえ、なんで大体かっていうと、昔一度読んで以来、この虹の谷は読んでなくてですね(汗)、途中から結構「え!?ここどうなるんだっけ??」な感じで、気になるところを先に読んだりしちゃったからなんです(^^;)  他の『アンの愛情』とか『アンの幸福』とか『アンの夢の家』とかは時間を置いてま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵L~人狼伝説殺人事件~(15)

 変なところで話が止まってて、すみませんww  自分でも最後のほうまで読み返してみないと、はっきりとはわからないんですけど――それでもまあたぶん、今回のお話を含めて、大体あと5回くらいで終わるんじゃないかなって思います  前回書いたとおり、今回もまたコネリー警部のロスファイエホテル殺人事件の捜査の続き……といった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

両手いっぱいのマーガレット(後篇)

 最後ほうに名前のでてくる花は、『赤毛のアン』にでてくることで有名なものばかりですww  ちょっと画像見つからなかったので、興味のある方はネットで調べてみてくださいね(^^;) 『赤毛のアン』が何故こんなにも日本の女性たちの心を捉え、多くの人に読み継がれているのか――その理由のひとつに、プリンスエドワードという異国に対する憧れが上げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

両手いっぱいのマーガレット(中篇)

 織姫ちゃんを象徴する花が、ウルたんにとって何故マーガレットなのかっていうのは、もしかしたらちょっと疑問かもしれませんww  まあ、多くの人にとってはマーガレットって、どこにでも咲いてるような平凡な花ってイメージなだけに……わたしもどっちかっていうと、織姫はマーガレットっていうより雛菊(デイジー)のイメージだったので、最初はウルたんに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

両手いっぱいのマーガレット(前篇)

 久しぶりに少し長めのウル×織SSです♪(^^)  いえ、長めのショート・ストーリーってなんか矛盾した言葉だと思うんですけど、それは「まあいい」(BYウルたん☆)  何日か前かに書きはじめて、おとつい書き終わったんですけど――ほんと、このお話先に書いておいてよかったです41巻が発売になっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブリーチ☆41巻

 おうちから歩いて2分くらいのとこにある本屋さんでゲット☆してきました♪  ……が……ま……(BY,Lたん☆)  なんだろう、わたしがもし41巻の展開について、ネタバレ☆サイトさんなどを覗き見していなかったら――もしかしたら今以上に虚しい気持ちになってたのかなあ(^^;)  うん、ウルたんファンの方のあたたかいメッセージに慰められ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵L~人狼伝説殺人事件~(14)

 自分的にここから少し、中だるみっぽくなってるんじゃないかな~なんて思ったりしてますww  いえ、ここと次とでコネリー警部が『誰がエヴァンズを殺したのか?』っていう捜査をしてるわけなんですけど――ちょっとLの出番がないので、まあつまんないかなと思います(^^;)  でも謎解きについてはほとんど一気にLが解決してく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブリーチの41巻は、ヤミたんが表紙♪(笑)

 今密林さんを覗いたら、この本の出版予定日は10/2って書いてあって、ちょっとびっくり☆しましたww  2日って言ったら、もう明日じゃないですか~!!!  でも、北海道って基本コミックスは三日遅れっていうのが原則なんですよね  もちろん明日本屋さん覗いてこようとは思うんです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵L~人狼伝説殺人事件~(13)

 現在『虹の谷のアン』を再読中なんですけど――久しぶりに読んでみると、やっぱり面白いですねえ♪(^^)  いわゆるアン・ブックスって、全部で8冊あってそのうちの最初の5冊がアンが主な主人公になってるんですよね。そして6冊目以降の『炉辺荘のアン』や『虹の谷のアン』はアンの子供たちに焦点があたってると思うんですけど、この炉辺荘以降まで読ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵L~人狼伝説殺人事件~(12)

 今回の冒頭でまたひとり、新しく人が死んでます  殺された男の名前をたまたまエヴァンズにしてしまったことから、すぐにアガサ・クリスティの『なぜエヴァンズに頼まなかったのか?』っていう小説のタイトル思いだしまして、一通り書き終わった頃にこの本を読みました♪  クリスティの作品は今でもやはり人気が高いせいか、古本屋さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Sleeping Beauty☆

 今回は3分で読める(?)ウル×織小話です♪(^^)  まあ、ようするにオーロラ姫=織姫たん☆、デジレ王子=ウルたん☆みたいな(笑)  でも『眠れる森の美女』って、色々な版があるんですねえ。基本的に一番有名なのはグリム童話のだと思うんですけど……前に童話のパロディ☆を書いてた時に色々調べてて面白かったのは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵L~人狼伝説殺人事件~(11)

 さて、今回もまた本文が長いので、前文は短めにしようと思います  ロスファイエ村の住人たちと、変人と思われながらもそれなりにうまくやってるLたん……デスノの⑬巻の情報によると、社交性が10段階評価で1なんですけどね~(笑)、でもやっぱりLってその気になれば、結構このくらいはうまくやってけるんじゃないかって気がしなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵L~人狼伝説殺人事件~(10)

 今回は久しぶり(?)にラブあまえっちな回かもしれませんww  いえ、Lとラケルの場合はこのくらいのほのぼの♪でいいんです(^^;)わたしはそーゆーふたりが好きなので☆  まあ、書き方的に「あれ?L、ほんとにちゃんとやれたの??」っていう気がしなくもないんですけど(笑)、一応ちゃん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more