テーマ:読書

探偵L~人狼伝説殺人事件~(20)

 さて、じんろー☆も今回が最終回となります♪(^^)  前の記事でも書いたとおり、ブログは引っ越す予定なので、こちらでの更新はこれから一切なくなりますww  どこに引っ越そうかな……なんて思ってブログを比較するサイトさんなどを覗いてみたんですけど、結局同じウェブリにもうひとつブログを持つことになりそう…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

探偵L~人狼伝説殺人事件~(19)

 じんろー☆の連載が終わったら、少しブログを休止しようかな~なんて思ってたんですけど……そんなこと言いつつまたぼやぼや☆更新したりするのだらう――とか思ってたら!!!  なんかちょっとブログのトップページにエラーが出るんですよね  そんなわけで、近いうちにブログを引っ越しする予定でいます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵L~人狼伝説殺人事件~(18)<後篇>

 さて、後篇はまた『赤毛のアン』の作者モンゴメリのことについて書きたいと思います♪  今回は、モンゴメリの書いた作品の中でも、お薦めな一冊を紹介しようかなと思ったり(^^) 『赤毛のアン』と『大草原の小さな家』シリーズの両方が好きっていう方は結構多いと思うんですけど――今回紹介するモンゴメリの作品『青い城』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵L~人狼伝説殺人事件~(16)

『虹の谷のアン』、大体のところ読み終わりました♪  いえ、なんで大体かっていうと、昔一度読んで以来、この虹の谷は読んでなくてですね(汗)、途中から結構「え!?ここどうなるんだっけ??」な感じで、気になるところを先に読んだりしちゃったからなんです(^^;)  他の『アンの愛情』とか『アンの幸福』とか『アンの夢の家』とかは時間を置いてま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵L~人狼伝説殺人事件~(14)

 自分的にここから少し、中だるみっぽくなってるんじゃないかな~なんて思ったりしてますww  いえ、ここと次とでコネリー警部が『誰がエヴァンズを殺したのか?』っていう捜査をしてるわけなんですけど――ちょっとLの出番がないので、まあつまんないかなと思います(^^;)  でも謎解きについてはほとんど一気にLが解決してく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵L~人狼伝説殺人事件~(13)

 現在『虹の谷のアン』を再読中なんですけど――久しぶりに読んでみると、やっぱり面白いですねえ♪(^^)  いわゆるアン・ブックスって、全部で8冊あってそのうちの最初の5冊がアンが主な主人公になってるんですよね。そして6冊目以降の『炉辺荘のアン』や『虹の谷のアン』はアンの子供たちに焦点があたってると思うんですけど、この炉辺荘以降まで読ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵L~人狼伝説殺人事件~(12)

 今回の冒頭でまたひとり、新しく人が死んでます  殺された男の名前をたまたまエヴァンズにしてしまったことから、すぐにアガサ・クリスティの『なぜエヴァンズに頼まなかったのか?』っていう小説のタイトル思いだしまして、一通り書き終わった頃にこの本を読みました♪  クリスティの作品は今でもやはり人気が高いせいか、古本屋さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵L~人狼伝説殺人事件~(11)

 さて、今回もまた本文が長いので、前文は短めにしようと思います  ロスファイエ村の住人たちと、変人と思われながらもそれなりにうまくやってるLたん……デスノの⑬巻の情報によると、社交性が10段階評価で1なんですけどね~(笑)、でもやっぱりLってその気になれば、結構このくらいはうまくやってけるんじゃないかって気がしなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵L~人狼伝説殺人事件~(10)

 今回は久しぶり(?)にラブあまえっちな回かもしれませんww  いえ、Lとラケルの場合はこのくらいのほのぼの♪でいいんです(^^;)わたしはそーゆーふたりが好きなので☆  まあ、書き方的に「あれ?L、ほんとにちゃんとやれたの??」っていう気がしなくもないんですけど(笑)、一応ちゃん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵L~人狼伝説殺人事件~(9)<前篇>

 今回の(9)は本文のほうが少し長くて、例によってひとつの記事に入りきりませんでした  そんなわけでまあ、ちょっとややこしいですが前篇と後篇に分けるっていうことでよろしくです  あと、ファンタジー小説大賞は今日から投票〆日1週間前ということで、ポイント数のほうが見えなくなってるんですよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵L~人狼伝説殺人事件~(8)

 えっと、これはいつ書こうかな~と思ってたんですけど、とりあえず前回(7)の狼についてのジェフリー・アイズナー博士の言葉にはちょっと誤りがあってですね……いえ、これは普通に犯人は誰か!?っていうことを推理する分においては、ほとんどまったく関係のないことではあるんですけど(^^;)、一応突っこまれた時のために自分から先に書いておきたいと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵L~人狼伝説殺人事件~(7)

 突然時間ができたので、さくさく☆更新したいと思います♪(ここの管理人の言うことはまったくアテ☆になりません^^;)  でも明日は朝5時に起きて出かける予定なので、帰ってきたらそのまま疲れて寝ちゃいそうな気がします  なんにしても今回本文が長めなので、前文は短めにしようかな~なんて(いえ、ウェブリ{%BIGLOB…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵L~人狼伝説殺人事件~(6)

 全然話進んでないのに、もう六回目(^^;)  ええと、このお話長いので、気長にのんびりゆっくり更新☆していこうかなとは思ってるんですけど――来週の月~水曜日とかちょっと忙しいので(汗)、何日間かここで停まってるかもしれません  でも時間ある時にはさくさく☆連載進めてこうと思ってるので、そんな感じでよろしくお願い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵L~人狼伝説殺人事件~(4)

 さて、今回は前回言ってたとおり、Lたんとウルたんでブラジャー談議☆をしてもらうことにしましたww  ただ、豆しば☆のほむぺのほうにはまだ画像が上がってないのかな??(^^;)  なんにしてもわたしはこんなふたりが大好き!!です(笑)      ~Lたんとウルたんでブラジャー談議☆~  Lた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵L~人狼伝説殺人事件~(2)

 前回、『バスカヴィル家の犬』のことをちらっと書いたんですけど――シャーロック・ホームズについてはわたし、ずーっと前にも他に途中まで記事を書いてまして……でもなんかそのまま放っておいたのを思いだしたので、それをもう一回とり上げてみたいと思います♪(^^)  ちなみに記事内容は、『シャーロキアンと探偵のLは夜も眠れず☆』の続きとして書こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵L~人狼伝説殺人事件~(1)

 一体何か月前から、今じんろー書いてます、じんろー書いてますって言ってきたんでしょうか(笑^^;)  あ、でもまだ調べたりないこととか色々あるんですよね~(汗)特にアイランドの歴史とか文化とか風土とか……たぶんわたしが小説の舞台にしちゃった場所って、緑の少ないとこだと思うんですけど、なんか豊かな深い森がある的設定にしちゃったり{%汗w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

灰かぶり娘と魔法使いのゴキブリ~後編~

 ↓ディズニーのシンデレラの画像です♪(^^)  王城で舞踏会があった次の日のこと――アイロージアはとても不機嫌でしたし、ユーリエはいつも以上にブスっとした顔をしていました。ただひとりローズマリーだけは、初めて恋を知った乙女の初々しい輝くばかりの笑顔をしていましたが、アイロージアもユーリエも彼女に何も聞きませんでしたし、ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

灰かぶり娘と魔法使いのゴキブリ~前編~

 これも一応オリ小説☆ですねww  まあ、内容的には失敗してるような気もしますが(笑)、とりあえず一度書いたものについてはすべてワープロから出してしまおうと思ってるので、そのうち小説家になろう☆さんのほうにも登録しようと思ってます♪  そんでもって、前のブログに一度アップしたことのある『ラプンツェラ・ラッシェラ』と『新・荊姫』、『白…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新・荊姫

 このお話も短篇ですねww  まあ、自分で言うのもなんなんですけど、ハッキリ☆言ってどうということもない、大したことのないお話です(笑)  でも、このお話と『白雪妃』、『灰かぶり娘と魔法使いのゴキブリ』、それに『ラプンツェラ・ラッシェラ』を短篇集っていう形にしてドリームブッククラブに登録する予定なので、まあワープロ→パソコン{%パソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毒殺日記☆

 この本、実はずっと前から読みたいと思ってたんですww グレアム・ヤング 毒殺日記飛鳥新社 アンソニー ホールデン ユーザレビュー:殺人界に天才児!殺人 ...映画化された「グレア ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ  もちろんノンフィクションで、この物語の主人公(というか実在した犯人☆)の名前はグレアム・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Sweet&Sweet&Sweetest(1)~アイロン妻☆~

 この小話は、前のブログにのっけてたのを、あらためて載せる形になりましたww  それというのも前のブログが削除☆されたからなんですけど(^^;)、これでもし明日にでもわたしの使ってるPCが壊れた場合、全データが消失してSweetの(1)~(11)はどこにもないことになるな~って、今更ながらに気づいたもので、再収録しようと思いました{%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白雪妃

 あ、すみませんwwこれ一応オリ小説☆に入るお話なので、興味ない方はスルー☆しちゃってください  これから少しの間こちらのほうを片付ける予定でいるので、まずブログで本文をアップしてから、次に小説家になろうさんのほうに移すつもりでいます♪すっかりお礼言うのが遅くなっちゃったんですけど、『永遠のローラ 第1部』に投票し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵L~エリゼ宮殺人事件~(9)

 さて、今回でエピローグ☆です♪(^^) 予約球根【ヒヤシンス】橙(だいだい)色(3球入)産直花だん屋 ★植え付け時期 植え時は10中旬~12月上旬が目安です。平均気温が10度以下になると根が動き出します 楽天市場 by ウェブリブログ  ↑なんでヒヤシンスかっていうのは、↓をお読みくださいな感じですww(笑)  ちなみに…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

探偵L~エリゼ宮殺人事件~(8)後編

 ↓はっきり言ってかなりどうでもいいですが(笑)、ラケルがスイーツを作るのに参考にしてそうな本です♪(^^) ル・コルドン・ブルーの20の素材と41のフランス菓子楽天ブックス 著者:ル・コルドン・ブルー出版社:柴田書店サイズ:単行本ページ数:159p発行年月:2004年06月 楽天市場 by ウェブリブログ       …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵L~エリゼ宮殺人事件~(8)中編

 ↓全然深い意味はありませんが、作中にでてくるワインの『ル・モンラッシェ』です♪(^^) ブルゴーニュワイン【送料無料】ル・モンラッシェ グラン・クリュ[2006]アミオ・ギィ・エ・フェスピノノワール・オンライン Le Montrachet Grand Cru[2006]AMIOT Guy et Fils   品 楽天市場 by …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵L~エリゼ宮殺人事件~(8)前編

 今回はやったら長い回なので、前・中・後編と3回のパートに分かれてるってことで、よろしくです  そのかわり(?)っていうわけではないんですけど、とりあえず今回の(8)で犯人が判明して、次の(9)でこの物語はエピローグ☆を迎えることになるかと思います(^^;)  ちなみにわたし、食通でもなければワイン通でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵L~エリゼ宮殺人事件~(7)

 す、すみませんww  今回が『饗宴の再現』だと思ってたら、実は違ってました(←バカ……☆)  次回が『饗宴の再現』で、ここで犯人と全体のカラクリ(?)をLが推理するっていうことになってます(^^;)  んで、この章がやったら長いもので――今回アップする分は短いにも関わらず、一緒にしちゃうっていうことが出来なか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵L~エリゼ宮殺人事件~(6)

 今回の前文は、↓の本文と何も関係なかったりします  ただ単に土曜日の深夜に何気なく見てた映画がとてもよかったので――その感想を少しばかり(^^;)  ちなみにネタばれアリ☆なので、その点についてはよろしくお願いしますね 砂と霧の家 特別版ジェネオン エンタテインメント 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神か、金か☆

 さて、今週も日曜日になりました♪(^^)  いえ、前にブログやってた時から、日曜日はキリスト教関係の記事を書こう!と思いつつ、ほとんどそうならずに終わっちゃってたんですよね  なので、このシリーズ(?)も無理することなく、たまたま日曜日で時間があったら書く☆くらいの気持ちで続けていこうかな~なんて思ってます。。…
トラックバック:0
コメント:38

続きを読むread more

探偵L~エリゼ宮殺人事件~(5)

 今回は、L&ノイマン警部、エリゼ宮の厨房へ突撃!の巻っていったところでしょうか(笑)  エリゼ宮内の厨房の描写については、またも『エリゼ宮の食卓』から描写を抜粋させていただきました♪ありがとうございます エリゼ宮の食卓―その饗宴と美食外交 (新潮文庫)新潮社 西川 恵 ユーザレビュー:美食と外交…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more